家計管理

二人暮らしで食費+日用品費=2万円!安く収まる買い物のコツ

私と主人の我が家の食費と日用品費は、合わせて2万円以内に収めることができています!
なぜそんなに安く抑えることができるのか、節約方法をご紹介します。

食費と日用品費を合算する理由

食費と日用品費を別に家計簿をつけている方も多いですが、私は食料も日用品も同じお店で購入することが多いのでまとめて家計簿をつけています。
消費税は合計から計算されているお店が多いので、いちいち日用品だけ抜くのも面倒なので家計簿をつけるのが楽になります。

ちなみに、外食は食費に含まずレジャー費にしているので食費には含まれません。

食費+日用品費=2万円以下に抑える方法

出費を抑える項目はずばり食費です!

結婚当初はレシートを全てノートに貼って保管していました。
理由は、どの項目にいくらかかるのか、どこで買うのが一番安いのかを把握するため。

我が家は主食であるお米を両家の実家から頂けているのもかなり助かっています。
その他食費を押さえるためにやっていることをまとめます。

野菜はまとめ買いをしない

きゅうりやじゃがいも、人参などまとめて売っている野菜は単価が少し高くなってもバラ売りをおすすめします。

我が家は2人とも少食なこともあり、傷みやすく冷凍に向かない野菜はいつもより多く1品作り、残ってしまったり無理して食べることも。

日持ちするしと思って購入したまとめ売りのじゃがいもも気づいたら芽が出てほとんど削る…ということもありました。

一方で冷凍でもおいしく保存野菜やきのこ類、お肉や魚は安い時に購入し冷凍して保存しています。

欲しいものによってスーパーを変える

どのスーパーも全部安ければ良いのですが、野菜が新鮮で安いところ、お肉やお魚が安いところなどお店によって特徴があります。

お肉をまとめ買いしたい時はAスーパー、野菜中心の時はBスーパーと行き先をわけていますが、スーパーごと距離があるのでガソリンや時間をかけてスーパーをはしごすることはしていません。

買い物に行く日を決める

日用品や魚、調味料は私の実家の近くのお店購入するのが一番安いです。
自宅から実家までは車で30分程なので、わざわざ買い出しに行くだけのために実家の方までは向かいません。
ただ実家へは私が仕事が休みの平日の日に気分転換に1ヶ月に2回程気が向いた時に行っています。

出費が増えた月は思い立った時に実家に行ったので、実家近くの方が同じものが安く買えるのにすでに買ってしまったということがあります。

牛乳が近くだと200円だけど実家の近くは100円といったわずかな差ですが、ちりも積もれば山となるので、いつどこに買い物に行くのか事前に決めた方が食費の節約になります。

ストックを買わない

私の毎朝の朝食にヨーグルトとカフェオレを作るための牛乳は必需品です。
どちらもお店によって値段の差がありますが、もうすぐ無くなるから少し高くても買ってしまうことがありました。

でも実際はなかなかなくならず賞味期限が過ぎてしまったり、数日無くても食事に困ることはないのでなくなったら買う方が無駄にしないです。

日用品の購入をお得にするポイント

安く済むなら大容量を

洗剤やトイレットペーパーなど通常サイズのものを購入していましたが、生活必需品であり絶対使うこと、収納場所があることから大容量でお得な物を購入するようにしました。

1回あたりの出費額は増えますが、購入する回数が減るのでトータル安く済みます。

ストックを確認する

日用品や調味料を買う際に注意するのはストックの確認。
ストックがあるのに新たに購入すると収納するスペースも無駄になります。

購入する前は必ずストックが無いか確認し、携帯のメモ機能を使って購入するものリストをまとめています。
買い物リストを作成することで買い忘れを防げます。

まとめ

1円でも安いものを求めてスーパーをはしごすると時間も労力もかかるので、あっちのお店の方が安いと思っても数十円の差なら同じお店で購入しています。

それでも月々の出費を抑えられるのは冷凍保存を活用したり、ストックを確認して無駄のない買い物を心がけているからだと思います。
無理のない節約で豊かな生活を♪

《新婚夫婦》彼も納得!結婚前の貯金のまとめかた「結婚後はお金のことで揉めるから結婚前に話し合った方が良い」と新婚の先輩にアドバイスをされたことをきっかけに彼に話してみたら、私たちはす...
こちらの記事もおすすめ!