家計管理

学資保険はおすすめしない!?効率良く貯まる子ども貯金とは

子供の教育費で得一番大きな負担になるのが大学入学時。奨学金を検討するとしても、少しでもまとまった貯金を用意してあげたいという思いから、私の母が実際に教育資金を貯めた学資保険を検討してみたら、今と昔では返戻率に差があることが分かりました。
今回は保険のプロに聞いた教育資金を効率よく貯める方法をご紹介します。

学資保険とは

学資保険とは、その名の通り、子どもの学資金(教育資金)を準備するための貯蓄型の保険のことです。
毎月決まった額の保険料を払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金や満期学資金を受け取ることができます。

学資保険のメリット

突然の事故などにより親(契約者)が亡くなった場合は、それ以降の保険料の払込が免除となり、保障がそのまま継続され学資金を受け取ることができるのが大きな特長です。

kanade
kanade
将来必ず決まった金額が受け取れるのは安心!

学資保険のデメリット

学資保険には子どもの医療保障などが付いたタイプもありますが、途中解約したり、さまざまな特約を付けると学資金の返戻率が100%を下まわる場合も…!

また返戻率が高くても学資金の受取方法が大学入学時からの分割払のみで、一番お金がかかる大学入学時に使えないというプランも。

kanade
kanade
それって貯める意味ないじゃん!

どうすれば効率良く教育資金を貯められるのか、複数の保険の相談窓口を回りオススメのプランを紹介してもらいました。

貯蓄性を重視するなら「低解約返戻金型終身保険」

一生涯の死亡保障に加えて保険料払込期間終了後に解約すると、払い込んだ保険料の総額を上回る解約返戻金を受け取れる制度のことです。

低解約返戻金型終身保険のメリット

契約者本人に万が一のことがあっても保障がつき、貯蓄も準備でき、子供の大学入学時にまとまったお金が必要なくなった場合に老後の資金としても活用できます。

低解約返戻金型終身保険のデメリット

学資保険と同じく途中解約をした場合は元本割れしてしまいます。

より返戻率をあげたい場合は「外貨建て保険」

外貨建て保険は、保険料の運用や保険料の払い込み・受け取りが主に外貨で行われる保険のこと。

外貨建て保険のメリット

低解約返戻金型終身保険のメリットと同様、契約者本人に万が一のことがあっても保障がつき、貯蓄も準備でき、子供の大学入学時にまとまったお金が必要なくなった場合に老後の資金としても活用できます。

私の希望する条件で貯蓄性保険を検討たところ、低解約返戻金終身保険の返戻率は102%だったのに対し、外貨建て保険の返礼率は118%とかなりの差があり、外貨建て保険の方が返戻率が高いのが特徴です。

kanade
kanade
返戻率に10%も差があるなんて…!

外貨建て保険のデメリット

外貨建て保険は為替の変動に応じて、毎月の保険料と保険金の受取額が変化し、保険料の支払いや受け取りで外貨と円を両替するときに手数料がかかるので注意が必要です。
もし為替が積立時より状況が悪かった場合、受取額が支払額を下回ることも…。

効率良く貯まる子供貯金とは?

返戻率を重視したいのか、保証を重視したいのか自分に合う子供貯金を選ぶにはプロに相談するのが一番です!
私も学資保険で相談しに行った結果、外貨建て保険で子ども貯金を貯めることにしました。

全国展開の訪問型保険サービス〝保険見直しラボ〟

店舗に伺うのが面倒、保険ショップが近くにない、仕事や育児で時間がなかなかとれないという方におすすめな保険見直しラボ。

全国に約70拠点を持ち、平均11.8年と競合他社(他保険代理店、他FP紹介サービス)の中では  NO.1のベテランFP揃いなのが魅力。

今ならお米や高級お肉が貰えるキャンペーンやっています!

ニーズに合った専門の担当者に相談できる〝保険チョイス〟

保険チョイスの最大の特徴は、多数の保険代理店と連携することで、お問い合わせいただいた保険相談のニーズ・意向をもとに、各保険代理店と連携し、相談内容に相応しい担当者と相談することができます。

来店と訪問が選べるのでライフスタイルに合わせての予約取りが可能です。

安心のストップコール制度〝みんなの生命保険アドバイザー〟

ストップコール制度とは万が一ご紹介したアドバイザーの提案内容などに不安な部分があれば、相談の停止や、担当アドバイザーの変更が可能な独自の制度の強引な勧誘が一切ないので、勧誘がしつこくないか心配という方におすすめです。

学資保険専門に相談したいなら〝ほけんガーデンプレミア〟

学資保険に特化した無料相談サービスを展開し、WEB面談でも相談が可能です。

まとめ

今回保険の相談窓口で保険の検討した結果、自分が検討していた学資保険より良い条件で子ども貯金の資産運用をすることができました。子ども貯金を始めるなら子どもが小さいうちから始めた方が返戻率が高くなるので、少しでも興味があるという方は、はやめに相談に行ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ!