海外挙式

<海外挙式>プロデュース会社と旅行会社でハワイ挙式を比較して分かったこと

〝結婚式はハワイで!〟とハワイ挙式を検討し始めた私たちはプロデュース会社と旅行会社の両方にお話を聞きに行ってきました。プロデュース会社と旅行会社の特徴や感じたことをまとめます。

kanade
kanade
両方お話を聞きに行って良かったです!

海外挙式の手配会社は大きく分けて2タイプ

プロデュース会社

国内にオフィスや店舗があり、そのスタッフと海外挙式の打ち合わせを行います。挙式のプロデュースだけでなく、衣装や写真、現地パーティなど一式を取り扱い、現地にもオフィスがあるので現地情報に詳しい。

旅行代理店

挙式と旅行をセットになっているのが強みで海外挙式のプランは様々なプロデュース会社と連携し挙式の演出などの細かい打ち合わせは教会を保有している別の場所で行います。
旅行会社ならではの様々なツアーやオプションがつけられる。

プロデュース会社に行ってみたら

プロデュース会社と旅行会社のどちらに行った方がいいのか分からなくて口コミを参考にしたところ、〝プロデュース会社の方が費用が安い〟と見つけたので最初にプロデュース会社に行ってきました。

予約はマイナビウエディングゼクシィを比較してマイナビウエディングで行いました。
キャンペーンによってギフト券やプレゼントを頂けるのでネット予約をおすすめします。

今回お話を聞いたのは、風までも思い出になるアールイズ・ウエディング。
アールイズ・ウエディングの提携会場はどこもホテル内に挙式会場が選んだ決め手でした。

何よりも会場の情報が詳しい

グアム挙式とハワイ挙式の両方のお話を聞きましたが、まずは地域の特徴のお話があり自分たちが便利だと思う地域が絞られ会場の候補が挙がりました。

その後会場の説明がありましたが、会場の説明がとにかく詳しかったです。

シャンデリアの特別な意味やホテルのサービス、挙式後披露宴会場の雰囲気など。
実際に訪れて同じホテルに宿泊する研修があるらしく、式場からみる海の様子や人が海にいる時間帯など教えて頂けました。

式当日や前日の流れが分かる

プロデュース会社なので結婚式の流れも始めてお話を聞いた日に教えてくれました。

その日のうちに空港に着いてからの大体の流れが分かったので、挙式後の過ごし方や一日フリー時間もしっかり把握できました。

旅費は別で全体の費用が把握できない

プロデュース会社なので見積もりは挙式のみの予算のみ。
ウエディングドレスやタキシード代花嫁おおよその値段が含まれていましたが、選ぶものによって差額が発生するのと、ホテル代・飛行機代は全く入っていないので全体の費用が想像できませんでした。
挙式のみの見積もりで契約になった際には、手配会社も紹介できるそうです。

旅行代理店に行ってみたら

今回予約したのはJTB。理由は一番近くに店舗があったからです。

ホテルや挙式会場はアールイズウエディングでお話を聞いた際に〝ここで挙式したい〟と思える会場があったので同じ内容で見積もりを頂きました。

JTBならではのプランあり

旅行代理店JTBならではのサービスがありました

  • ホテル内にJTB契約者だけ使えるラウンジが使える
  • シャトルバスが無料で使える
  • JTBオリジナルツアーに無料で参加できる
  • 早割り
  • 契約内容によってホテルアップグレード、無料でホテルディナー1回サービスなど

ホテルも飛行機代も全部込み!

見積もりは挙式代、飛行機代、ホテル代などすべて入っており、追加料金はドレスのグレードアップや挙式当日のプランで追加があれば見積もりが上がっていくとのことでした。

アールイズウエディングでお話を聞いた後、個人手配をした場合の費用を調べておいたので大体の費用が検討ついたのがかなり助かりました。

ホテルや挙式の情報はプロデュース会社の方が詳しい

JTBの方も現地に研修に行ったことはあるそうですが、JTBはウエディング専門ではないので担当スタッフの方は挙式会場の話は特になく、こちらから挙式会場やホテルの質問をするとパンフレットを見て探すという感じでした。

挙式時間を決める際も何も考えずに決めたら後から早い時間の方がお得サービスがあることに私が気付き、時間変更して頂きました。
旅費についてはお得なプランや一番安い料金の内容など提案頂けましたが、挙式に関する特典は特に説明がありませんでした。

その変わり現地の観光スポットや航空会社の違いなど教えて頂きました。

挙式の内容は提携会社へ

挙式の打ち合わせや当日の流れの詳細は契約成立後に自分たちで提携会社に連絡をして、提携会社がある店舗に行く必要があります。

私たちは合計費用の安さからJTBに決めましたが、せっかく近くにJTBがあっても挙式の流れやドレス試着も都内にある店舗に行く必要があるのと、予約が混んでいて打ち合わせとドレス試着が申込から1ヶ月以上先になってしまいました。

JTBではこのオプションつけれますと言われたことが提携会社での打ち合わせ時にオプションをつけるためにはアップグレードが必要で追加費用が発生することがありました。
後からパンフレットを見ると小さい字で記載があり、口頭説明が無かったのもあり完全に見落としていました。

まとめ

今回私がお話を聞いて受けた印象は、挙式会場について詳しく知りたい時はプロデュース会社、見積もり比較や現地の観光スポットや航空会社について知りたいという方は旅行会社が向いていると感じました。

今回はアールイズウエディングのスタッフの方のおかげでここで挙式したいと思える会場を見つけることができました。お時間に余裕があればプロデュース会社と旅行代理店の両方に話を聞きに行くことをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ!