妊娠・子育て

【0歳~12歳まで】いつから何を始める?習い事の選び方のコツ

子どもの脳は3歳までに80%、6歳までに90%が完成し、小学生以降は本人の環境による変化が大きくなっていくと言われています。乳幼児期に過ごす環境が将来に大きく影響すると言われている中で、いつ、どんな習い事を始めればいいのかご紹介します。

年齢別習い事の選び方

0~2歳まで

親子の愛着形成が一番大事な時期と言われ、親子のふれあいがある環境の中で子どもの五感が発達します。親子一緒で安心できる環境の中で、日常の一部としてたくさんの体験のシャワーを浴びせることが成長へと繋がります。

この時期のおすすめ
ベビースイミング・ベビー英会話・幼児教室など
親子でスキンシップをしながら楽しめるもの

3~5歳まで

運動に関わる領域が発達し、指先の動きやバランス感覚が身に付きやすい時期。
また、聴覚が最も発達し、音程や表現力を身につけることができる時期で言葉を覚える能力が一気に高まると言われています。お友達と一緒に刺激しあうことで協調性や社会性が育ちます。

この時期のおすすめ
左右均等に全身を使う運動、音楽、グループレッスンなど

6歳以降

語学の能力が総合的に伸び、思考力・判断力・計画力・コミュニケーション力といった「高次認知機能」が発達します。ルールを理解し、個人でも集中できるようになります。

この時期のおすすめ
頭脳学習、グループ・個人レッスンなど

習い事探しならコドモブースター

自分で数ある習い事を探すのはとても大変ですが、掲載教室数が国内最大級の78,000教室以上あるコドモブースターでは、現在地、市町区村、駅から近くの習い事教室を検索可能です。

コドモブースターの特徴

  • 掲載教室数が国内最大級の78,000教室以上
  • 年齢・地域別に探せる
  • 教室特徴・アクセスの掲載
  • こんなお子様におすすめ情報掲載
  • 入会金・月謝記載
  • 約60,000件の実際の生徒・保護者の口コミ掲載
  • 無料体験申込・資料請求可能

今なら体験参加で2000円もらえる

今ならコドモブースターからの体験お申込みをすると、体験レッスンに参加後、アンケートの記入でAmazonギフト券2,000円もらえるキャンペーン実施中です!

まとめ

好奇心は脳を活性化させ、意欲的に取り組むほど記憶力が高まり、学習が定着しやすいことが科学的に実証されています。習い事を始めるのに早すぎる、遅すぎるという心配はせずにはじめてみることで子どもにとっては貴重な体験になります。少しでも気になる気持ちがあるのなら、体験からはじめてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!