妊娠

妊娠するといくらかかる?妊婦健診費用大公開!

妊娠が発覚して不安に思ったことのひとつが、お金っていくらかかるんだろう…。今回は私が妊婦健診でかかった費用を大公開します。

妊婦健診は保険適応外

妊婦検診は健康保険が適用されませんが、お住まいの市から妊婦検診審査受診表という補助券が母子手帳交付時に一緒に貰えます。

この公費負担額はお住まいの都道府県によって変わってくるので今回の妊婦健診でかかった費用はあくまでも参考程度にご覧ください。

妊婦健診でかかった費用

市販で購入できる妊娠検査薬で妊娠が発覚した後、初産で自宅から近いという理由で総合病院でお世話になることにしました。

下記が妊娠発覚から出産までにかかった妊婦健診費用になります。

回数 週数 金額 備考
1 7週 7,100円 母子手帳・補助券交付前
妊娠証明書1,100円を含む
9週 9,780円
13週 0円
17週 0円
21週 0円
25週 1,540円
27週 0円
30週 220円 お腹の張り止めの処方箋料
薬代は市の補助券利用で0円
32週 0円
10 34週 0円
11 36週 6,640円
12 37週 0円
13 37週 600円 妊婦全員PCR検査必須に。
助成券の上限負担額のみ負担。
14 38週 0円
15 39週 2,100円

妊婦健診でかかった費用は補助券を使用し、合計27,980円でした。

妊婦健診以外でかかった費用

定期妊婦健診以外にかかった費用もありました。
この費用は病院独自の費用または私たち夫婦が希望した検査の費用になります。

項目 金額 備考
病院開催両親学級参加費用 500円×2回 自由参加
病院の駐車場代 100円×17回
他院への紹介状 600円 市の助成対象で通常なら2500円
他院でのクアトロ検査 26,230円

家から近いと選んだ病院の駐車場が有料なのを行くまで知らず、てっきり診察した人は無料になると思っていたので、1回100円ですが地味にショックでした。
補助券対象外の診察費用やその他の雑費は、合計29,530円でした。

まとめ

市の助成がどれくらい出るのか分からず、最初の方の健診では支払金額が大きかったこともありお会計の際は毎回金額がいくらになるのかそわそわしていましたが、自由診療のクアトロ検査も含めて合計57,510円でした。

病院が開催している両親学級や病院独自の制度に小さな出費があると感じたので、細かいところまで他院との比較をすればよかったなとも思います。

20代で出生前診断を受けた理由とその道のり妊娠が発覚したのは私が28歳、主人が31歳の時。妊娠9週頃に主人から「出生前診断を受けたい」と言われました。私たちが出生前検査をすること...
こちらの記事もおすすめ!