妊娠・子育て

寝かしつけ不要!生後2ヵ月でセルフねんねができた方法

寝る前の授乳を終え寝かしつけても、寝かしつけに1時間以上かかることが多く、寝不足とイライラでこのままじゃ身体がもたない!と寝かしつけについて調べ始めました。
生後1ヵ月後半でねんねトレーニング(以下ネントレ)を始めた結果、生後2ヵ月半ばには寝かしつけをせず、セルフねんねができるように!

今回は誰でもできて抱っこの負担がない簡単な寝かしつけ方法をご紹介します。

kanade
kanade
寝かしつけがスムーズになり、自由時間が増えました!

ネントレする前の生活

寝る前の授乳を終え、布団に寝かしつけても目はぱっちり空いて早くても30分、長いと2時間以上寝かしつけにかかっていました。
最初はご機嫌でも時間が経つにつれ赤ちゃんもなかなか寝つけず泣いてばかりで、寝かしつけするたびに体力を消耗していました。
自分は眠いのに寝かしつけで寝れないイライラと疲れから、このままではまずい!とネントレをはじめました。

誰でもできるネントレ8つのコツ

朝は太陽の光を浴び、昼夜の区別をつける

早寝早起きの習慣づけに必要なのは、朝になったらカーテンを開け、どんなに眠くても赤ちゃんを起こして太陽の光を浴びること。
朝日を浴びることでセロトニンが働き、夜には眠りを誘うメラトニンが分泌されるようになります。

ネントレする前は赤ちゃんが寝ている方が朝ドタバタしなくて済むので、眠りたいだけ寝かしていました。今は7:30には起こしていますが、その前の授乳の後寝付けなかったら早く起きることもあります。

朝日の刺激は脳を活性化させ心を落ち着かせる働きがあるので、赤ちゃんが機嫌良く過ごせる効果もあります。

夜は蛍光灯から暖色灯へ切り替え

生後1ヵ月の赤ちゃんは常に横になって目線は天井を向いているため、蛍光灯の光が目に入り脳を刺激させてしまうので、寝る1時間前には暖色系のやわらかい光に変更しました。
暖色灯が無い部屋は、部屋の明るさのトーン落としてみましょう。

寝る前の行動をルーティン化する

寝る前の行動をルーティン化することで、次第にねんねの時間だと赤ちゃん自身が分かるようになります。
この際注意するのは、毎日継続的にできることをルーティンとすること。
夜のお散歩やドライブなど、負担になることはしない方が継続できます。

我が家のルーティンは時間は前後することもありますが、シンプルにしています。

寝る前のルーティン
19:00部屋の光を暖色ライトにする
19:30お風呂
20:00授乳

21:00就寝

寝る前にお風呂に入れた方が、リラックス効果と体温が下がった時に眠りにつきやすい効果があるので、寝る前に入れています。

寝る前の授乳は明かりを落とした静かな寝室で

ネントレする前は蛍光灯の光の下、TVがついたリビングで授乳をし、終わったら寝室に移動していましたが、大人でさえ明るく賑やかな所から急に暗い静かな部屋に行ってもすぐ寝つけないのですよね。
寝る前から寝る雰囲気を作るため、寝る前の授乳時は明かりを落とした寝室に移動し、赤ちゃんを刺激させないようにしました。

寝る前はお腹いっぱいに

寝る前にお腹が空いていると寝かしつけてもすぐに起きてしまいます。
夜を少しでも長く寝て、私も休みたいという思いから寝る前は母乳だけでなくミルクも80mlあげるようにしています。
助産師さんに相談して「母乳だけでも大丈夫だと思うけど、ママの身体が一番だからミルクを足して大丈夫」と言われたのでミルクを足すことに決めました。

まだ満腹中枢が働いていないのでミルクも良く飲んで、最後に授乳してから6時間近くまとまって寝てくれるようになりました。

新生児の頃は3時間置きの授乳が必須でしたが、生後1ヵ月過ぎの助産師訪問でこれからは泣いたら母乳で大丈夫とのことでした。

赤ちゃんによって成長が違うので、かかりつけの病院や市の助産師訪問で確認してみてください。

直母と哺乳瓶を両方あげていますが、乳頭混乱も起きることなく、休みたい時や預けたい時は哺乳瓶を拒否しないので助かっています。

モロー反射を防ぐ

赤ちゃんは寝たくても身体が勝手に動いてしまうモロー反射。
それを防ぐためのスワルドアップを使うとよく寝るようになった!と高評価の商品です。

ですが我が家はそれを使わずモロー反射を防いでいました。

やり方は簡単、赤ちゃんの足を動かないように軽く抑えるだけ!
最初は足の力があまり強くないので寝つきがよかったですが、足の力が強くなると軽く抑えることができないので、自分の動きで起きてしまうこともあったのでスワルドアップの力を借りてもいいと思います。

泣いても抱っこしないはしない

ギャン泣きしても抱っこせず自然に泣き止み寝るのを待つのは、精神的にこたえるのでやりません。
ただ寝言泣きの可能性もあるので、すぐに抱っこはしないようにしています。

少し様子を見て泣き止まなければ、身体をトントン、それでも泣き止まなければ座りながら抱っこしてトントン、トントンしながら立ち抱っこになり、スクワットしたり揺れたりしてどんどんあやす項目を付け加えていきます。

抱っこしてすぐ布団におろさない

トントンして揺れながら立ち抱っこしてたのに、すぐに布団におろされると急に環境が変わるので赤ちゃんもびっくりして起きてしまう確率が高いです。

布団におろすときはすぐにおろすのではなく、揺れるのをやめる、トントンをやめる、抱っこしながら座ってみるといったようにひとつずつ項目を減らし、最終的に布団にお尻から頭の順でそっとおろすようにしたところそのまま寝てくれる確率が上がりました。

まとめ

ネントレを始めて1週間はなかなか効果が出ず、寝かしつけに苦戦をしていました。
諦めずに継続して取り組んだ結果、ある時から急に寝かしつけまでの時間が短くなり、最終的には布団に置いたらセルフでねんねをしてくれるようになりました!
何も難しいことはせず、少し意識や環境を変えただけで効果があったので、寝かしつけに苦戦している方は自分の身体を休めるためにもネントレを始めてみてはいかがでしょうか?なかなかうまくいかない…、起きている時の遊び方がわからない…という方におすすめなのは、お子様向けに月齢や発達状況にあわせた最適な知育玩具をプロが選定する【トイサブ】。
日中の過ごし方を刺激しメリハリをつけることもスムーズな寝かしつけに繋がります。

 

こちらの記事もおすすめ!