妊娠

節約プレママが選ぶ!マタニティ期間を快適に過ごす便利グッズ

妊娠初期は食べづわりに悩まされ、妊娠9ヶ月を目前とした今、妊娠前と比べて体重は13キロも増えました…。妊娠5ヶ月頃から洋服を着ても妊婦と分かるようになり、妊娠7ヶ月に急に妊婦感が出た体型は服が入らなかったり腰痛で悩まされたり妊娠ならではの悩みが。妊娠期間だけの問題だからなるべくお金をかけたくない私が産後も使える愛用しているものをご紹介します!

妊娠中のマイナートラブルにおすすめグッズ

ブラがきつくなったらユニクロエアリズムブラキャミソール

妊娠3ヶ月頃に感じたことはブラがきつい…!

出産までに1~2カップ大きくなると言われおり、前へ前へと高くなるのではなく、乳房の下半分から脇へと大きくなり、同じカップでも妊娠前とは形や容量が大きく変わります。これだけ大きく変化する時期だからこそ、産前の急激なバストの変化に対応できるマタニティブラでサポートすることが大切と言われていますが、マタニティブラっていろんな種類が多いしどれを買えばいいの?と探している頃にもともと持っていたユニクロエアリズムブラキャミソールでその場をしのいでいたところ、伸縮する素材が身体を締め付けず胸もしっかりサポートできることに気づきました!

授乳ブラはフロント部分をずらすタイプや留め具がストラップから外せるタイプがありますが、このユニクロのブラキャミソールは肩紐も伸縮性があるため、カップを下にずらすだけで授乳もできるそうです。

kanade
kanade
私は夏に出産予定なのでブラとキャミが1枚で済むことができるブラキャミソールを愛用しています。

腰痛にはトコちゃんベルト

妊娠6ヶ月を迎えた頃、急に襲ってきた腰痛。就寝時も痛く病院で相談したら「骨盤ベルトをつけるかそれでもひどければ腰痛の薬や妊婦でも使える湿布を処方するのでまた相談してください」と言われました。

なるべく薬は取りたくないので骨盤ベルトを探すことに。もともとサポートベルトタイプ付きの妊婦帯を持っていましたがそのベルトだと固定力が弱く、気づいたらお腹の上の方まで動いていたりとサポート力はイマイチ…。
そこでネットで口コミが高評価だったトコちゃんベルトを購入することに。少しお値段しますが妊娠中の腰痛予防だけでなく、産後のゆるんだ骨盤を元に戻す効果もあるそうです。
実際に試してみると悩まされていた腰痛もすっかり改善し、お腹がさらに大きくなった今でも腰痛に悩まされていません。

妊娠線予防はコスパが良いCetaphilで充分

お腹が大きくなると心配なのが妊娠線ができないか。たくさんのメーカーから妊娠線予防クリームが販売されていますが、それなりにお値段して他のボディクリームと何が違うのか分からず購入を見送ることに。

もともと愛用していたCetaphil(セタフィル)モイスチャライジングクリームを使用していますが妊娠線はひとつもできていません!

Cetaphilは見た目こっくりと濃厚クリームですがべたつかず伸びも良く、乾燥肌や敏感肌の方におすすめされているクリームです。大容量でお値段お安くたっぷりと使えます!
ネットで調べてみるとCetaphilを妊娠線予防クリームとして使っていたという方も多かったです。

家でのくつろぎはマタニティレギンスとゆるワンピース

お腹のふくらみでゴムが無い服が着れなくなってきた頃、なるべくマタニィ服を買いたくない私のおでかけスタイルはゆるめなワンピースと通常のタイツという恰好が増えました。部屋着もゆるいワンピースだったので服は着替えてもタイツはそのまま着用していました。

市販のタイツは安いものなのでお腹周りも伸びるので最初の頃は問題なかったのですが、妊娠8ヶ月頃には家でゆっくりする時も市販のタイツだとお腹が苦しく感じるように。まだ素足だと肌寒い季節だったのでマタニティレギンスを試しに1本購入するとお腹のラクさに感動しました!
レギンスなので暑いときは足首をめくったり対応可能で、あまり高くないプチプラのもので充分でした。

これはお腹の大きくなる時期によって変わると思うのですぐに購入は必要ないと思います。

検診コーデ用にセパレートのマタニティ服は1着用意

授乳口付のマタニティ服が多く販売されていますが、出産後に母乳が順調に出るのか分からない、外に出る機会がどれくらいか分からない、マタニティ服にお金をかけたくないという気持ちからウエストがゴムの服かゆるめのワンピースで生活していました。

妊娠9カ月も近くなるといくらウエストがゴムなスカートもきつく感じるように。ワンピースだけあれば十分と思いきや問題なのが検診時。
お腹にエコーを当てるのでセパレートの服だとすぐにお腹を出せますがワンピースだとお腹まで前開きができないもの以外、お腹まで服をめくる必要があり下着が丸見え!先生は気にしないですが私が気になるのでマタニティズボンを1着購入しました。

ボトムスが1本あるだけで着れるトップスが増えるのでもっと早く購入してもよかったと思っています。

座るのも横になるのもラクになる!ニトリのビーズクッション

妊婦になるとつわりで辛くて横になったり、お腹が張って横になったり、とにかく横になることが増えます。またお腹が大きくなると90度に座るのも辛くなりゆったりと座るようになりました。

我が家は寒い時期はホットカーペットの上で過ごしていたので、横になる時は身体が痛くないようにお尻に座布団をひいて背中にはきつくない体制になるようにクッションを何個も用意して横になっていましたが、次第に形が崩れてすぐ身体が痛くなる…。

そんな時出会ったニトリのビーズクッションの大きいサイズは、使い方によってお尻も背中もカバーでき、時には頭までサポートする時も。横になりたい時は横になればビーズが動き自分の身体にしっかりフィット。何より長時間同じ体制でもクッションがへこたれない!このニトリのビーズクッション(大)をお迎えしてから、お腹が張ったり気分が悪い時もすぐに自分に合う体制が見つかり、体調が悪い時以外も常に愛用しています。

まとめ

妊娠して何が必要で何があったら便利なのか情報が溢れているのであれもこれも買わなきゃと思っていましたが、なるべく出費を抑えたいと考え直し必要になるまで買わないでいたら本当に必要最低限のものでマタニティライフを送ることができました。お金を出せば良いグッズを揃えて快適ライフを送れることはもちろんですが、そこまでお金をかけなくても無理なくマタニティライフを送ることも可能なのでグッズを購入する際は急ぎすぎないのもアリなのではないでしょうか?

 

こちらの記事もおすすめ!